畳を張り替えるなら専門業者に依頼しよう!

室内

ゴザや縁の交換

室内

畳替えでは、最初に畳床から古いゴザや縁が取り外されます。これらは糸で固定されているので、糸を切れば除去できます。その後畳床を十分に乾燥させてから、新しいゴザと縁とを糸で縫い付けます。ゴザは素材ごとに種類が分かれていますし、縁はデザインが豊富です。そのため使い勝手や見た目を考慮して選ぶことが大事です。

畳を張り替えるメリット

和室

業者に依頼して畳替えを行ってもらうことで、失われた畳の機能を取り戻す事ができるため、住宅の快適性が高まります。畳替えを行うことによって、畳がアレルギー物質や汚染物質を吸着して綺麗にしてくれますし、断熱性が高まるため省エネになります。

たたみを張り替える

畳

専門の業者を利用する

畳の張替えを行うときには腕の良い職人がいる業者とそうでない業者では、仕上がりに差が出ます。そのため畳の張替えを業者に依頼するときには、腕の良い職人がいる業者を選びましょう。腕の良い職人を見分けるポイントとしては、職人が技能士の資格を持っている事が一つの判断材料になります。技能士の資格を取得するためには、実務経験と畳の知識や技術が必要になるため、優秀な職人であることの証明になります。また畳の張替えをするときには、業者の人と相談して張り替える畳の等級を決める事が多いため、対応の良い業者を選ぶことが大切です。対応の良い業者に張替えを依頼することで、色々と相談に乗ってもらえるため、住宅や部屋に適した畳を提案してもらえます。張替えはホームセンターでも依頼する事ができますが、質の高い畳で張替えを行いたい場合には、専門の業者を選ぶことが重要です。ホームセンターで張替えを依頼すると、技能士の資格を持っていない人が作業することが多いため、仕上がりが良くありません。複数の業者からコストパフォーマンスの良い業者を探すときには、標準で使われるい草の品質に注目して比較することポイントです。い草は価格によって品質が大きく変わるため、業者を選ぶときには品質の高い、い草を標準で使っている業者を選ぶことが大切になります。また畳の張替えを行っている業者の中には、作業に2日以上かかる業者がありますが、そういった業者は対応が遅いため依頼するのは止めましょう。

知って得する情報

畳

畳の張替えには畳を丸ごと1枚交換するだけでなく、ゴザを張り替える表替え、ゴザの表裏を逆にする裏返しもあります。そして、裏返しと表替えを定期的に行っていれば、畳の交換時期を大幅に先送りできます。ただ、裏返しも表替えも素人には困難な作業なので、専門業者に任せた方が良いと言えます。